角松敏生 「ミセス・ム-ンライト」歌詞の意味

都会のオフィス街の平日、夜のとばりが降りる頃、よくすれ違う女性がいる。直接話したことはないけれど気になって仕方がない人。左手の薬指にはプラチナの指輪が。ある日ふとしたことで友人からその女性の噂を聞いた。不倫の恋愛をしている女性だと。声をかけたくても僕が入り込む隙間はいよいよ無いと分かった。それでもなお彼女を愛している僕がいる。