ミスターチルドレン「くるみ」歌詞の意味や感想

「くるみ」という特定の女性の名前が出てくる恋愛ソングです。過去に付き合った女性なのか、今はどうしているの?と語りかけているような曲だと思います。年齢を重ねて過去の楽しかった思い出を懐かしむような気持ちが溢れている曲だと思います。悲しくて苦しい恋をしたとしても人はまた誰かを好きになり恋をしてしまうものだというメッセージが伝えられているものだと思います。そして終盤の歌詞には前向きに進んでいくという意思が込められています。

この曲には「くるみ」という特定の名前が出てくるもののリスナーの方は自分の過去の恋愛にあてはめてその方の名前をあてはめればいいと思います。若いころの恋愛では気づくことのない、ある程度苦しくて刹那くて胸を焦がすような恋愛をした方に共感してもらえる曲だと思います。時折幸せだった頃の自分を思い出してその頃の気持ちを思いだしたりもするけれど、過去の想い人への気持ちは絶ち、今また歩き出して行こうという前向きな曲だと思います。